エナメル質再生法

画期的に歯を強くする方法です。虫歯や歯周病の治療を行う前に、歯を強くする「歯の再生治療方法」をお勧めします。年齢とともに、歯の表面をおおっているカルシウムは様々な汚れや臭いが付着するため、「歯」そのものも臭いの原因となります。
虫歯や歯周病による口臭を改善したい方は相談ください。


エナメル質再生治療法「歯の補強治療」について:歯の補強とありますが、フッ素塗布と同じ意味ですか?

違います。フッ素塗布ではありません。
歯の表面からカルシウム成分を抜き取ってフッ素イオンと反応して、フッ化カルシウムという細かい結晶を歯の表面につくる働きをするのがフッ素です。
しかし、この結晶は歯の表面に乗っているだけの状態なので、簡単に唾液で流されてしまいます。

エナメル質再生法は、カルシウム成分を歯の表面から抜き取ることなく、積み木のようなエナメル質と同様の結晶を歯の表面に作ります。
それによって、虫歯の出来やすいポイントとなるような小さなくぼみや亀裂、初期虫歯のような部分をエナメル質と同質の素材でカバーして、歯を強化します。フッ素と削らずに歯を強化するという目的においては同じですが、歯を強化するメカニズムや効果はフッ素塗布とはまったく違う新しいタイプの強化治療法です。

■口臭を抑えると聞きましたが、何回の治療が必要ですか?

通常効果は3~6ヶ月に1度でもありますが、虫歯や歯周病がなく、口臭の気になる方の場合は「3~4ヶ月に1度、季節ごと」にエナメル質の全面的な再生を行うのが良いでしょう。
歯周病で口臭のひどい方は、放射光を使った研究で歯そのものもにおいを発生していることが示されています。
そのため、健康な成分で歯の表面をおおうことが、歯周病改善に効果がありますので、3~6ヶ月の範囲で定期的なエナメル質再生を心がけるのが良いでしょう。

■歯周病でこの方法を行った場合、どんな効果があるのですか?

歯そのものもにおいを発生していることが歯周病で口臭のひどい方の場合には多く、これは放射光をつかった研究で示されています。
食物やさまざまな嗜好品によってまた歯の表面は汚染され、長年の間に少なからず劣化していきます。
そのため、健康かつ清潔な新しいエナメル質成分で歯の表面を再生させることは、歯周病の改善にもつながります。
皮膚が汚れでかぶれるのと同様、歯や歯ぐきも同じです。新しい歯は、清潔で歯肉の健康に貢献します。

■すでに大きな虫歯があるとこの治療法は使えないですか?

大きな虫歯をけずって治す場合も、その前にこの方法で虫歯やそのとなりにあった歯を強化した上で通常の虫歯治療を行うほうが、歯と詰め物の隙間から虫歯が進行するのを抑制して歯を守ります。

■入れ歯をささえている歯には効果ありますか?

入れ歯を入れていると、当然口の中は入れ歯で覆われている面積がひろくなるため、細菌が温かい口の中で繁殖しやすくなっています。
清潔なもので歯の表面をおおうことで細菌の繁殖しない面積が増えて、口の中の衛生状況が改善され、永く入れ歯を清潔に利用できます。

■生後何ヶ月から行えますか?

生まれて1年以内の乳幼児でも行えます。

■普通の虫歯治療前に、このエナメル質再生法をお願いすると治療費は別ですか?

通常の虫歯治療とエナメル質再生治療は別の治療法であり、使う材料などもまったく異なります。
そのため、通常の治療に加えて追加料金が発生しますので、詳しくは担当者にお尋ねください。

眠っている間は分泌される唾液量が非常に少ないので歯の再石灰化の働きが進まず、口中の中性の状況をキープすることが不可能になります。
すべての働く人についても該当しますが、例えば歯科医院に勤務する衛生士のように医療業界に所属する人は極めて仕事中の身嗜みに注意を払わなくてはいけないでしょう。
ムシ歯を要因とする知覚過敏は、ムシ歯は意外なほど病状が進行していると予測され、歯の痛さも引き続きますが、そうではない場合はその場限りの訴えで収まることが予想されます。
もしも差し歯の歯根の部分が破損してしまったら(歯根破折と言います)悲しいことに使えない状態です。その大部分の場合では、抜歯治療しかないことになるのです。
匂いを気にしていて、市販のガムや洗浄液などをよく用いているのなら、歯垢を取り除く対策をまずは開始してみてください。あの気になる口内のニオイがマシになると思います。


応用できる領域が特に広い歯科で使うレーザーは、種類も多岐にわたって、これ以外に色々な治療を必要とする場面で採択されています。今後より一層期待が高まるでしょう。
歯の表に付いてしまった歯石や歯垢を取る処置を一般的にクリーニングと言いますが、これらの歯石や歯垢等は痛いむし歯の病根と認められています。
キシリトールの成分にはむし歯を拒む有用性が認められたという研究結果が公表され、それ以後日本をはじめ各国で積極的に研究がおこなわれました。
保持は、美容歯科の療治が終わって満足できる出来ばえであったとしても、決して怠らずにし続けないと元の通りに退行します。歯のレーザー処置はムシ歯そのものをレーザーの照射で消滅させ、一段と歯の表層の硬さを強め、繰り返しやすい虫歯になりにくい状況にする事が実現します。


通常のハミガキを隅々までやっていれば、この3DSの効能でむし歯の菌の取り除かれた状況が、大方4ヶ月~半年位キープできるようです。
歯の手入れは、美容歯科の手当を終え理想通りの結果になったとしても、横着せずに持続していかなければ以前のままに退行します。プラークコントロールと聞くと、ハミガキを連想する事が大方だと予想しますがそれだけではなく豊富なプラークコントロールの活躍が存在すると言われています。
口臭を抑える効能がある飲み物としてはまずコーヒーがあげられますが、大量に飲みすぎると口の中の水分がパサパサに乾燥し、ともすれば口の臭いの原因となります。
現時点でムシ歯を有している人、或いはかつてムシ歯の悩みがあった人、実に日本人のおおよそ90%がこうした虫歯菌を疑いなく有しているということを言われています。

それは顎を上下左右に動かすのと一緒になって、左右の耳の近くにある顎関節にカクカクと異音が聞こえるもので、顎関節症の症状としては大変多く見られており、ことさらなり始めの頃に多く起こる現象です。
歯の色味とは実際のところピュアなホワイトであることはない事が多く、多少の個人差はありますが、大多数の歯のカラーは、黄色っぽかったり茶色っぽく色が付着しています。
歯垢が歯の外側に固着し、その部分に唾液の成分に含まれているカルシウムをはじめとするミネラルが一緒に付いて歯石が生まれますが、その発端は歯垢にあるのです。
例えば噛み合わせの異常の中でもことさら前歯が頻繁に衝突するような状況だと、歯を噛みあわせる都度ストレスが、上顎骨の前の方や鼻骨にダイレクトにかかってしまいます。
先に口内に矯正装置をセットして、一定の力を歯に絶え間なく与えて人工的に正しい位置に移動し、トラブルを抱えた歯並びや噛みあわせ等を治す方法が歯列矯正といわれる治療法です。

歯を半永久的に保つには、PMTCはとても重要であり、この方法が歯の施術後の状態をはるか先まで持続可能かどうかに、強く影響してくることも確実です。
嬉しいことにインプラントは、違和感がなく、物を食べる時も健康な歯のように楽しむことができます。更に嬉しいことに、別の治療方法と見比べると、顎の骨が徐々に細くなっていくことがないというメリットがあります。
口の臭いの存在を自分の家族にすら質問することのできない人は、実際は多いと想像されます。その場合は、口臭外来を訪れて専門の処置を試す事を提案します。
上顎と下顎のかみ合わせの狂いは、口の開閉に支障をきたす顎関節症の発端の一部ではあるけれど、他にも要因が確実に存在するという意見が広まるようになってきたそうです。
セラミック技法と一口に言っても、色々な材料と種類などが実用化されていますので、担当の歯医者と納得できるまで相談して、自分の歯にとって良い内容の処置を絞り込んでください。

口の臭いを抑える効果がある飲物として、有名なのがコーヒーですが、多量に飲みすぎると口の中の水分がカラカラになってしまい、逆に嫌な口臭の原因となってしまうことが公表されています。
審美歯科治療とは、見かけばかりではなしに、歯並びや不正咬合の修築によって、そのことで歯牙が持つ生来の機能美を見せることを突き詰めていく治療なのです。
歯の表層を削って白く見せる働きのある研磨剤が入った練りハミガキは、少々マイナスの役目ですが、再び歯が石灰化する事を促すのは役立つ効力となります。
外科処置を行う口腔外科というのは、その専門分野として、顎口腔処置を主な目的としているために、内科的な処置やストレスによる障害などに至るほど、担当する範疇はあらゆる方面で内在するのです。
歯周組織を再生させるために、エムドゲイン治療の採択はとても効能がある手法なのですが、悔しいことに、完璧な組織再生を獲得する保障はないのです。